やっさんのポケモンブログ(仮)

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。

ポケモン危機一髪!で有用な特性・技のポケモンまとめ。環境予想・考察有り

 

 

 

 ポケモン危機一髪!で出場可能なポケモンから有用な特性、技があるポケモンをまとめてみた。

ちなみにポケモン危機一髪!とは、弱点が5つ以上のポケモンダブルバトルで、持ち物は半減の実か弱点保険のみという変なルールだ。

 

f:id:yasuokaden:20170708154904p:plain

 特性は天候系、フィールド系、きんちょうかん、いかく、いたずらごころ

技はトリックルーム、おいかぜ、ねこだまし、フリーフォール、ワイドガードファストガードこのゆびとまれ、いかりのこな、フェイント、マッハパンチがあるポケモンをまとめている。

 

 

 全ての出場可能ポケモン一覧はこちらを。

 

yasuokaden.hatenablog.jp

 

 

 

 有用な特性

 

天候始動系

 

すなおこし

 

ゆきふらし

 

晴と雨はなし。

 

グラスフィールド

 

フィールド系も1種のみ。塗り替えるのは困難である。

草タイプの通りが意外と良いので、PTを組む時は一貫に気をつけるべきだろう。

地面タイプならともかく草タイプにこんなことを言うのは何だが。

 

きんちょうかん

 

6体中5体か6体は「きのみ」を持っているのが確定しているルール。「きのみ」を封じられるこの特性が最も輝きそうな大会だ。

 

バンギラスプテラというこれがなくても環境を支配できそうなポケモンがこの特性を持っている。

それでもバンギが「すなおこし」よりもこちらを取る利点はあまりなさそうな気はする。スカーフ持ちもいない中、S130族で色々できるプテラは流行するだろう。

いかく

 

アメモース、プリティプリマでは活躍できなかったが、「きんちょうかん」か「いかく」か分からないので相手の選出にいたら面倒くさそうだ。今度こそ活躍するかもしれない。

 

ワルビアルは普通に強いポケモンなので活躍するだろう。今回のルールは対面不利が多くなりそうなので、普段より使い勝手は良くないはずだが。

いたずらごころ

 

なんと「いたずらごころ」持ちはエルフーンの一人舞台。

 

 

有用な技

トリックルーム

 

この中ではヤドランがS30で最も遅い。「どんかん」でちょうはつも効かないので優秀だ。

 

トリルアタッカーとして有力なのはギガイアス(S25,A135)と……まあ、ダダリン(S40,A131)、ケケンカニ(S43,A132,)くらいか。

アローラナッシーなんか自分でトリル展開出来てそこそこ殴れるから楽しそうだ。

コアなファンがいるアクジキングゴローニャ原種らも活躍するかも。

 

おいかぜ

 

ねこだまし

 

なんとたったの3種!わざわざルージュラダーテングを採用するような人がいたらまずねこだましはあると思っていいかもしれない。

 

 

フリーフォール

ワイドガード

 岩タイプが多く「いわなだれ」がゴロゴロ降ってきて怯み運ゲーがはびこりそうなので、それが気になる人は採用すべき技だ。

プテラは何でもできてズルい奴だ。「いわなだれ」で怯み運ゲーをするのもプテラだが、それを防ぐのもまたプテラなのか。

 

ファストガード

 

 

このゆびとまれ 

 

トゲキッスならば、バンギラスマニューラへの格闘技を楽々と受けることができる。

 

いかりのこな

 

 

 草タイプのカプ・ブルルなどには無意味。

フェイント

 「まもる」をくずすのに重要。

 

マッハパンチ

 

バンギラスマニューラを重く見て掲載。実質キノガッサしか使えないも同然。

いくら「てつのこぶし」でもA35のポケモンに不一致40物理技を覚えさせてもしょうがない。

 

 

 

環境予想、活躍しそうなポケモン考察

 

プテラ

多分トップメタ。S130で、特性が「きんちょうかん」で、技も「いわなだれ」、「フリーフォール」、「おいかぜ」、「ちょうはつ」、「ワイドガード」といろいろある。

単体では火力が少し微妙だ。

最終的に「いわなだれ」のひるみゲーが横行するのではないかと危惧する。

 

ゲッコウガ

S122、「へんげんじざい」で全ての技がタイプ一致で撃てる。また単タイプになるので弱点5つもあまり関係なし。

技範囲が広くフェアリーや草に撃ちたい毒技の「ダストシュート」が一致で使える唯一のポケモン。「けたぐり」もあるし物理型・両刀型も有力か。

 

プテラにSで負けてるのでつらいが、C252ゲッコウガが先制技「みずしゅりけん」で無振りプテラを11.82%の低乱数1発で倒せる。ワンチャンスはある。(ただし水半減のイトケのみ持ちには2.91%まで下がる)

また、ユキノオーで霰を降らして「ふぶき」で2体同時攻撃を狙う戦法もそこそこ有力だ。

 

カプ・ブルル

単純に火力ならA特化「ウッドハンマー」で指数が54000(意地鉢巻ガブリアス逆鱗と同等)ポケモンであり、脅威的だ。

フィールド特性も他にいないので、塗り替えられる心配も少ない。

また4倍を突かれる毒タイプがいないのも追い風だ。

多くのPTで採用されるだろう。

 

バンギラス

600族で天候が操作できる数少ないポケモンで弱いわけはない。

とは思うが、格闘技がバンバン飛んでくる環境になるであろうことは容易に予想できるので、Sが遅いこのポケモンがあまり使いやすいかは疑問だ。

「すなかき」ルガルガンとの砂パもありそうだ。結局高速「いわなだれ」からの怯みゲーになりそうだが。

 

サザンドラ 

 S98が今回の環境の中では早く、「おいかぜ」「でんじは」というS操作技も強い。

技範囲が広く削れるポケモンが多い。

個人的には半減の実込みでアタッカー型エルフーンの「ムーンフォース」確定耐え調整にしないと不安。

 

マニューラ

氷・悪とサブウェポンの格闘技「けたぐり」で優秀な攻撃範囲。S125でゲッコウガよりもSが上であり「ねこだまし」が使えるのもよい。

耐久が低く、繰り出し性能が低すぎるので私は好きじゃないが。

エルフーン

唯一の「いたずらごころ」持ち。「おいかぜ」「アンコール」「トリックルーム」など色々ある。

欠点は火力不足で、隣に複数攻撃ができる強力なアタッカーが必要。

味方テラキオンに「ふくろだたき」をしてA4段階上昇させるコンボは強力だ。

 

 テラキオン

上述のエルフーンとのコンボ要因として。マニューラとでも同じことができる。

とはいえ、実はA4段階アップの「いわなだれ」がそこまで決定力がないので注意。(A252補正なしとして火力指数45815)

高速の格闘枠として見ても優秀だ。

 

 

トゲキッス

このゆびとまれ」でマニューラバンギラスを格闘技から守ることができる。前述のエルフテラキ、またはマニュテラキのコンボも邪魔することができる

「おいかぜ」も「アンコール」も「でんじは」もあるしシングルでもお馴染みの"ひるみゲー"もあるから上を取られると少々うっとうしい。

メインウェポンに加えサブウェポンが豊富でと攻撃範囲も広い。中でも「はどうだん」は使えそうだ。

 

 

キノガッサ

「テクニシャン」からの「マッハパンチ」で無振りゲッコウガバンギラスマニューラを確1で持っていける。プテラを横に置けば半減の実も気にならない。

が、そのプテラが敵としていたら勝てない。トゲキッスも辛い。

 

ジャラランガ

最弱の600族という汚名返上を狙っている。

デビュー1年に満たないルーキーの彼は、ここまで全く期待に応えられなかった。発売前の「強者」という触れ込みがあまりにも大げさすぎたのが辛い所だ。

今回は、素早さサポート してもらい「スケイルノイズ」で攻撃するとかくらいはできそう。

 

シャンデラ

プリティプリマではスカーフ型の採用が多かったが、今度はカプ・ブルルキノガッサらの対策枠、そして格闘無効枠として採用する人が増えるだろう。

ゲッコウガプテラなどに上から弱点を突かれてしまうので、運用には何らかの工夫が必要になってくるが。

 

ヤドラン

トリル始動係として、最有力。S30で「どんかん」で「ちょうはつ」無効。エスパータイプなので格闘技への後出しも可能。

サザンドラの「あくのはどう」を確定耐えするまで振る必要があると思うが。

 

シロデスナ

強いか弱いかで言ったら弱い。

だが、ゲッコウガの「みずしゅりけん」+特性「みずがため」+「じゃくてんほけん」のコンボで要塞化を狙ってくるので一応覚えておくといい。