やっさんのポケモンブログ(仮)

ポケモンの記事を書くと見せかけていろんなゲームの記事を書いてます。ポケモンは対戦派ですが、一番重要なのは楽しむこと。

1周年記念に今更始めたオーバーウォッチ(Overwatch)、初心者の感想

さて今回は超メジャーゲームの話をしよう。

超メジャーだから、誰もタイトルを言わなくともわかると思う。

ポケモンだろうって?訂正する、ポケモンほどはメジャーではない。

 

www.jp.square-enix.com

 

オーバーウォッチ(Overwatch)というゲームで、ジャンルはスポーツ系FPSだか対戦アクションだ。

このゲームは、様々な能力やビジュアルを持ったキャラが戦うFPSと説明するのが一番分かりやすい。一般的なFPSではプレイヤーキャラが画一的なので、そこが大きく異なるところだ。

「ザ・ゲームアワード 2016」などでゲーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど、数々の賞を受賞している。

 

 

以前から「日本語版は加藤英美里がメインキャラで出ているらしい」ということで興味はあった。「プリティーリズム・レインボーライブ」の彩瀬なるちゃんが好きな私にとって気にならないわけがなかった。

 

だが、購入には中々踏み切れないでいた。

このゲームはネットワークプレイ専用である。自前のPCはポンコツゆえ最新のゲームで安定して動くとは思えないし、PS4だと有料のネットワークサービスに加入するのに少しためらいがあった。

購入に至ったのは6月6日まで行われていた1周年記念の40%割引セールスだった。 ブリザード・エンターテイメントは「○○周年記念」、「期間限定」、「安売り」という日本人が弱いワードを巧みに使い、ついに私の重いがま口を開かせたのだ。

 

 

よし、まずはトレーサーを使おう

早速、加藤英美里ボイスで作品の看板にもなっているトレーサーを選択してみた。本名はレナ・オクストンというようだ。

少し小耳にはさんだ話では、このキャラが最強キャラだと言われているらしい。

また調べたところ、勝利後にお尻をプリっと晒すポーズがなんとも卑猥だからとクレームが入り、修正させられたらしい。どこの国にも風情が分からない輩はいるようである。

pixivでもお尻を強調したイラストばかり見かけたし、実際お尻が素晴らしいキャラなのだと思う。

ついでに言うと、公式コミックではレズビアンであることが明らかになっているのだという。何とも素晴らしい。

 

さて、この記事を読んでいる人はこんなキャラのアラカルトはどうでもいいかもしれない。

ド初心者の私が使った感想は以下の通り。

  • キャラのスピードが速すぎてエイムがついていけない。
  • HPが少なすぎてすぐやられてしまう。
  • 連射速度がありすぎてすぐ弾切れになり、隙をカバーするのが難しい。

多分、上手い人が使えばすごく強いキャラだと思う。だが初心者の私にとっては扱いづらいキャラだったようだ。時間を戻す能力もいつ使えばいいのか戸惑ってしまった。

それとPS4のコントローラーはエイムし辛い。右スティックで照準を合わせるのだが、これがどうも初期設定では遅すぎる。

私はPCでFPSをたしなむ程度にやっていた時期もあったし、スプラトゥーンのガチバトルもS帯まではがんばっていた。

PCのマウス操作やWiiUのジャイロ操作に比べると、PS4FPSやTPSをするのは少しだけ不自由に感じる。

というわけで別なキャラも使ってみた。

 

次はソンブラを使ってみた。

対戦中に聞き覚えがある声が聞こえた。「魔法少女まどか☆マギカ」の暁美ほむらや、「ぱにぽにだっしゅ!」のレベッカ宮本が好きな私が聴き間違えるわけはなかった。

というわけで斎藤千和演じる「ソンブラ」を使ってみた。

キャラの見た目は全然好みではないが、クールで妖艶な感じの千和ボイスだった。

このキャラは光学迷彩で姿を消して敵に近づけるのが面白い。生憎、光学迷彩しながら攻撃はできないのだが。

ビーコンを設置した場所にワープできる能力も面白い。緊急脱出や高所への素早い移動などに使える。

このキャラは中々使っていて楽しかった。欠点はつい単独行動をしてしまいがちなので、おそらく基本的なチームプレイを学ぶには向いていないのだろう。

 

そして3人目は見た目でD.Vaを選んだ

3人目はD.Vaを使ってみた。完全に見た目だ。ちなみに声優は種田理沙さん。現在休養中なので、早く元気な姿を見せてほしい所である。

ムチムチのボディスーツにパワードスーツで身を固めており、何ともヲタクが喜ぶルックスをしている。

このキャラは上記の「アタッカー」タイプの2キャラと違って、守りに強い「タンク」という役割を担う。

銃撃の精度は高くないが、面攻撃に強いので、エイムが下手くそでも十分戦える。

バリアを貼って前線で味方を守りながら戦うのが主な役割のようだ。だがバリアを貼れるのは他にもっと優秀なキャラがいるように感じたので、このキャラは少し器用貧乏なのかもしれない。

あとHPが0になっても、乗っているメカが破壊されるだけで、生身の本人が少しの間戦えるのも面白かった。

 

まだちょっと遊んだだけだが、今までのFPSとは少し違い、キャラを前面に押し出した個性のあるゲームだと感じた。このゲームが人気な理由はなんとなくわかった。